施設利用料金

Home > 利用料金について

利用料早見表 (平成27年1月1日現在)
  対象収入による
階層区分(年収)
事務費 生活費 管理費 単身の場合 二人の場合 上下水道
(※1)
電話設備費
(※2)
電気料金
(※3)
電話料金
(※4)
1 1,000,000以下 10,000 46,090 27,000 81,810 157,620 3,500 600 実費
2 1,000,001~1,500,000 11,000 46,090 27,000 82,810 159,020 3,500 600 実費
3 1,500,001~1,600,000 14,000 46,090 27,000 85,810 171,620 3,500 600 実費
4 1,600,001~1,700,000 18,000 46,090 27,000 89,810 179,620 3,500 600 実費
5 1,700,001~1,800,000 21,000 46,090 27,000 92,810 185,620 3,500 600 実費
6 1,800,001以上 67,800 46,090 27,000 139,110 278,220 3,500 600 実費
対象収入について
前年の収入から、租税、社会保険料、医療費等の必要経費を控除した額で、夫婦で入居される場合には、夫婦の対象収入合計金額の1/2で取り扱います。
冬期加算について
11月から2月は、暖房費2,660円を生活費に加算し撤収します。
その他の費用について
(1)各個室での電話設備費用及び上下水道使用料として全員一律の経費※1、※2(4,100円)を負担して頂きます。
(2)各個室での電気使用料及び電話使用料は各人の使用料による実費として※3、※4を負担して頂きます。
利用料の変動について
国の基準改定により、利用料が若干変動する事がありますのでご了承下さい。この場合、差額分は、その年度の4月に遡って精算させていただきます。